アクセス解析
熟年離婚した私の体験をつづっています。 そしてその後のいろんなことも....






プロフィール

楠すみれ

Author:楠すみれ
古風な考えの女性だ、と他の人からは言われます。



フリーエリア



最近のコメント



離婚妻 訪問者カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


息子の奨学金
 「お母さん、掲示板に番号がなかったよ。」と、昨日息子からメールが入った。申請していた息子の奨学金が通らなかったとわかって、奈落の谷につきおとされたような気持ちとはこのようなことを言うのだろう。利息のかからない日本支援機構の第一種奨学金だけの申し込みだったから、かなり厳しいとは思っていたものの、やっぱり結果を突きつけられると、涙が出てくる。

 大学を選ぶオープンキャンパスで、「この大学は、一年次の学業が優秀ならば、二年次からは奨学金が受けられる」と聞いて、成績を上げればとバイトもさせなくてもなんとかなるのではと思った。一年の成績は良が一つ残りは総て優だったが、全優でないとだめなのか、学内の奨学金は短期の30万があるだけで、申し込みは日本支援機構の奨学金だけだった。

 私達の頃は、日本育英会の奨学金があって、かなりの大学生がそれに助けられたはずだが、返済されないからか、なくなってその後引き受けたのが、日本支援機構だった。両親揃って働いてる息子の高校のときの友人や母子家庭で母親が働いている友人が奨学金をもらっていると聞いて、僅かばかりの収入しかない母子家庭なら何とかなるかなと高をくくっていたのが間違っていた。

 「アルバイトはできるだけさせないで」という大学案内のビデオの中の教授メッセ?ジだったが、それならば学内の奨学金をもうすこし充実させて欲しいと思わずにいられなかった。

 今息子は学校の帰りにアルバイトをし、終電でへとへとになり帰り、
朝起きるのもかなり辛いようで、レポートもたまり、私も気が気ではないのだが、疲れてくると息子の「お母さんも働けばいいんだ」と言葉にも言い返せないでいた。

 「奨学金が通らなかった」ことがわかって、落ち込んでしまい、もしかして死にたくなるとはこのような時かもしれないと思った。そんなとき友達にランチをご馳走してもらい、友達の病院に付き添って、それでもこみあげる涙にどうにもならなかった。励まされ買い物をして帰ったものの、離婚以来の忙しさから解放されたと思ったところに息子の通っていた英会話学校の倒産やあれやこれやで心痛もピークに達していた。

 それでも黙って聞いて励ましてくれる友達がいるだけ幸せだ。息子の大学から学生証をアイシーチップ付ビサカードにするとの通知が来ていて、息子が今日学校から帰って渡したときに、「学生証を取り上げて脅かされてキャシィングさせられたりする被害がでたりするからこんなのいらないのに。それにお金をかけるんだったら、学費を下げて欲しい」と思わずこぼしてしまった。

 昨日からの精神的疲労もあって、「お母さん、リストラに遭って、苛め抜かれて精神的にまだ立ち直れないから仕事もできないの。生きているだけいいでしょ。」と子供には言うまいと思っていたことを言ってしまった。

 一瞬空気が張り詰めてくらーくなり、お茶を入れたのに、いつもはお菓子を食べながらテレビを見ている子供が、すーと部屋へ行ってしまった。離婚したばかりでやっぱり言わなければよかったのかなと後悔するものの、どうしょうもない。

 格差社会に突入するとこんなことがますます増えてくると思った。お金のないものは大学にも行けない。奨学金などの公的補助もなくなる。病院の次の診察予約で、長いこと待たされているのに、一目で議員とわかる身なりのピシィッとした患者のところには、事務員からわざわざ出向いてきて、「いつがいいですか?」と聞いて、「私が予約しておきますから」と待たずに処理する。他の人の見てないところですればまだ憤ることもないのに。この病院の入り口にはたしか「愛の病院」とあったはずだ。

 傷ついた者は誰もが平等に愛を享受する時代はここでも終わりを告げるのかと思わずにはいられなかった。
スポンサーサイト

格差社会
格差のある社会は、今までのほとんどが中流層を、上流と下流に分け、上流はマネーゲームによる世界的大富豪をうみだそうとしているのかもしれない。大富豪といえば、今一部のブログでは、アメリカの9・11テロは、大金持ちのロックフェラーが陰で世界統一政府樹立のために(既に国連に要請済み)起こしたという説がささやかれている。

 そして、それを突き詰めていくと宗教との関係を抜きにすることができなくなる。「ダビンチコード」は、キリスト原理主義など旧来のキリスト教を守るために、キリストの血脈(キリストはマグダラのマリアと結婚し子供がいた)を守るシオン修道会などの異端たされた宗教がねらわれていく様子がえがかれているが、次のような仮説もあるブログの中にはみられる。


 「このシオン修道会も含む秘密組織のフリーメイソンには最近ではウォルトディズニーがいたようですが、あの9・11テロの前に、そのテロを想起させる「パールハーバ」という映画をタイミングよく作され上映されました。

 この本ではシオン修道会は正義の味方のように書かれていますが、逆に言えば911 同時多発テロなどの裏側の組織や首謀者たちを隠すために、このような本や映画が作られた、とも考えられなくもないかな? 

 それともこの本に書かれているように、ブッシュ大統領がアルコール中毒の時、お世話になったというキリスト原理主義など旧来のキリスト教を守るために今も活動しているオプス・デイとからんだ陰謀なのでしょうか?

さらに突っ込んで911の事件を起こした犯人像を『ダ・ヴィンチ・コード』をベースに具体的に考えていくと、旧体制の維持を依頼したオプス・デイの代表であるマヌエル・アリンガローサ司教に対してはアメリカのブッシュ大統領。殺人を犯した実行犯のオプス・デイの修道僧シラスに対してはアメリカのディックチェイニー副大統領。

では黒幕の張本人である大金持ちの宗教史学者ティービングに対しては、.....

 「祭壇にリーズン(金銭と強欲の信念)を神としてかかげる」と堂々と公言している
フリーメーソンの上部団体であるイルミナティの最高指導者であり、
911テロで破壊されたWTC、そのものを建築した大金持ちのロックフェラー。
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/iluminaty.htm

(フリーメーソンの下部組織としてロータリークラブとかライオンズクラブがあるが、フリーメーソンの上部組織のメンバーと言えど、本当の目的を知らされているのはホンの一握りで、あのクリントン元大統領でさへ大統領になったとき名誉階級の最高位をもらったが真の目的は知らされていなかった。ましてや下部組織のフリーメーソンのメンバーらは真の目的を知る由もなく、単に金持ち連中の社交クラブであり慈善団体ぐらいの意識しかない)」


 大富豪の一個人が、国家を越えて世界を支配し統一しようとするために、アメリカ国家を弱体化させる目的で、テロが仕組まれたという仮説であるが、既に国連への働きかけはされているらしい。どこまでが事実かとも思われるが、まあアメリカには、9・11事件の再調査(ReOpen911とはそういう意味)を政府に求めて、550万ドル(約6億6千万円)をこの運動に投じたアメリカ大富豪ジミー・ウォルターさんという人もいるというから何とも日本とは、桁はずれかのスケールといえるだろう。

 今までの日本は、生活や教育もそれほど貧富の差もなく、ある意味で国民の中流意識に支えられながら、暮らしていられたが、これからはどうなるのだろう。堀江もんも村上さんも逮捕され、「まあ、地に足のつかないような金持ちは、日本では無理かな?真面目にやっている者が報われるのかな?」などあれこれ考えてしまうけど、9.11以降アメリカでも自由にものが言えなくなり、市民運動家は去っていると聞くと、その波は日本にも押し寄せているのではと思わずにはいられない。



格差社会を銀行で体験して
 この頃、「格差のある社会」というのが、おぼろげながらわかってきたような気がする。あれっと思うことはあっても、ころころと人によって露骨に応対を変えるような差別待遇をそれほど経験したことがなかったのだが、離婚し、それにいつもジーパンというラフな格好をしてるからか、まあどうみてもお金持ちには見えない私だからなのか、銀行での応対に、疑問や憤りを覚えることがある。

 私が子供の頃は、銀行という所は誰に対しても親切・丁寧な応対で、奥に上客用の応接室とかがあって、それなりの接待はされていたのであろうが、一般客にとっては、子供が行ってもお客様として扱ってくれる接客のお手本のような所であった。それが銀行であった。

 子供の時から、無駄遣いせず貯蓄することを明治生まれの祖父母に教えられ、銀行という所は「預けていればお金を増やしてくれる所」であり、仕事としてはお堅い仕事で、行員は真面目というイメージがあった。

 ところが最近の銀行は、入口から上客と下客を選別する。ソファーの並ぶホテルのようなフロアーと、ATMなどの置かれているフロアーははっきり区別され、さらにそのATMには「どんどんお金を借りて」とでもいうようにベタベタとサラ金?クレジット会社のポスターが貼られている。


 行員もまた、客によってころころと態度を変える。調べて欲しいと言ってすぐその場で調べてくれる行員もいれば、同じことを頼んで「1?2ヶ月かかります。」という行員もいる。こういう行員にあったときは、怒りをあらわにすると上司がでてきてすぐに対応してくれる。しかし、黙って耐えているといつまでも後回しにされる。

 
 誰もがお客様であり、いつもにこにこ愛想よく迎えてくれる時代は去ったといっていい。商品を販売するときに、人によって値が変わるはずはない。その人がどんな思想や宗教であろうと、それによって見積もり額まで上乗せされたら、それは詐欺である。本来金額の多少にかかわらず、お客様はお客様とされてきた昔の価値観からどうも人に合わせて差別する時代へと突入してきたらしい。

 と思っていたら、たまたま次のような週刊誌の記事が目についた。


「大銀行の内幕「1000万円未満の預金者はゴミ」の切り捨て現場
【怒りの2大リポート PART1 “合理化優先”に泣きをみる庶民。血税で救われた“公共の機関”がこれでいいのか! ――キャッシュカードをカードリーダーに通す。金持ちは待ち時間なしでコーヒー付き。すでに始まった顧客選別のいまを直撃――】 

 預金額1000万円。これが“上客”と“下客”が選別される分水嶺だ。上客からの預金は、1万円あたり5円の儲けが出る。しかし下客から1万円を預かっても、ペイオフ対策の保険料を差し引くと、3円の赤字になってしまう。だから、両者への対応には天と地ほどの差がつく。

 まだある。コスト主義による第2次支店統廃合が進み、なじみの支店消滅やATM無人店化が急増。戸惑うお年寄りの姿はますます目につくようになった。一方では、好決算でメガバンク行員のボーナスは5?10%アップ。預金者たちよ、そろそろ立ち上がる時ではないか。」

 
 これを読んでなるほどと思った。どうも私は下客に分類されたようだ。預けておいても、利息もつかないのに、何かと手数料だけは取られる。それなら、銀行へ預けないほうがよっぽどいいと思いながらも、銀行という所は「安心・安全な場所 」という観念がしみついてる私にはそれすら実行することはなかなか難しい。今までの銀行を他の銀行に変えて抗議の気持ちをあらわすことぐらいしか今の私には方法が思い当たらない。それでも私には抗議でも、銀行にとっては何でもないんだろうなー。


 今までは普通だとおもっていた中流階級が、上流と下流にはっきり分類され、富豪はどこへ行っても気持ち良く、下流はいつもいらいら声を荒げるようになるそれが格差社会なのかな?アメリカに習うとは、こういうことなのかもしれない。なにか日本のよいものがどんどんなくなっていくように思う私は、年をとったのか?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。