アクセス解析
熟年離婚した私の体験をつづっています。 そしてその後のいろんなことも....






プロフィール

楠すみれ

Author:楠すみれ
古風な考えの女性だ、と他の人からは言われます。



フリーエリア



最近のコメント



離婚妻 訪問者カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ起きる?性犯罪
なぜ、女性を性的欲望を果たす「もの」のようにしかみられなく、女性の権利が守られないような事件が起こるのか。

 被害者の痛みがわかるような人間に育てるような教育に学校も家庭も、社会全体がなっていないことがなにより悲しいことだ。

 人を押しのけてまでも、勉強が出来たりスポーツが出来たりしても、人の心の痛みもわからず、傷つけても殺しても自分の感情のはけ口になるさえすればいいというのが、恐ろしい。

 そのような価値観の人が出世し、世の中がそのような価値観で回り始めたら、世の中どうなるのだろう。人を押しのければ何をしても出世さえ出来ればいい人しか生き残れない世の中になるとしたら。

 あのコンクリート詰め事件を思い出す。
 
 88年11月下旬、不良少年らによってわいせつ目的で帰宅途中に誘拐された女子高校生は、両親も兄も同居する犯人のうちの一人の少年宅2階の自室で、約40日間にわたって監禁した上、数名での強姦。
 
 殴る蹴るの暴行、ライターのオイルをかけ点火するなど、激しく執拗な暴力と陵辱を重ね、この少女が隙を見て警察に通報したのが気づかれて、電話を切られ殴打。警察が逆探知、かけ直してきた電話誤魔化され、全員でリンチしライターのオイルを足首にかけ火をつける。
 
 度重なる暴行により、頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになっていた。

 脱出の気力さえ失わせ、ついに死に至らしめ、死体をコンクリートに詰め遺棄した事件。

 監禁を知っていたのは100人にものぼり、レイプに加わったのは10人にもなるのに、別件で逮捕されるまでこのことは知られなかった。

 一審の東京地裁の判決文では、事件をこう表現している。

 「女子高生に対する一連の事件は、犯行の態様が、被害者を長時間非行集団のたまり場に、ペットのように囲い込み、集団の性的いじめに始まり、想像をはるかに超える暴行を繰り返したことにより、同女が醜く変わり果てるや、次第に「もの」のように扱い、食事も満足に与えないで放置しながらいじめを度重ね、身勝手にも、疎ましい存在として被害者への憤怒をつのらせた挙げ句、ついに同女をなぶり殺しにした。」

 被害者の母親は、一人娘が死に至った詳しい経過を聞かされた後、精神科に通院治療を受けることになった。

 少年たちは、本件の女子高生に対する犯行のほか、2女性についての婦女暴行や、後輩へのリンチ、総額約220万円にのぼる店舗荒らしやひったくりでも起訴。主犯格以外は出所。

 あの綾瀬のコンクリート殺人事件の準リーダー格だったAは、強姦、殺人、死体遺棄のほかに余罪として障害、強盗の罪状も加わったが10年たらずで出所、だが、あの事件から15年後に、再び監禁及び障害容疑で逮捕された。

 両事件とも女性に対する身勝手な行為がそもそもの出発点でその延長線上にある独占欲、嫉妬心。そのような満たされぬ感情の犠牲にこの高校生はなったのだ。

 あれほど残忍な事件で少年法がなければ死刑もまぬがれなかったはずなのに、反省がなにも生かされていないことにも驚くばかりである。

 この女子高校生は、助けを求めながらも誰にも助けてもらえず、集団でのレイプやいじめられながら、息絶えるまでどんな気持ちでいたのだろう。

 少年は誇らしげに語り、かわるがわるやってくる少年少女にレイプやいたずらをされ、100人もの人が監禁を知りながら、集団でいじめに加担し、誰も助けない。

 みんなで一人の少女が苦しむのをゲームのように楽しむ、これが集団の恐ろしさである。そして死ぬまで見届けないと気がすまない。

 みんな自分の身を守ることに追われ、加担するようになる。
 
 程度こそ違え、このような性的被害にあう女性はかなりいて、そしてこのような被害にあった女性が心身ともに傷が癒え、このことを語ってもフラッシュバックに苦しめられることなく人生を送れるようになるのには、長い年月と周囲の理解が必要だし、語ることは、相手が組織ぐるみ、集団であればあるほど、語ることにより、我が身や家族に何か及ぶのではないかと不安になるものである。

 集団でのリストラなどで追い詰められることは「モラハラ」や「歪んだ自己愛上司」のところに書いた。

 「男の方が偉い、だから何をやっても許される」「女のくせに」との意識が男性の心のどこかにあるなら、まずはそれから変えないとこの種の事件は後をたたぬことだろう。
  
 私自身いまだに傷はいえないが、フラッシュバックに悩みながらも、やっと徐々にではあるが、回復しつつある。
 
スポンサーサイト

女がいなければ男は生まれない
日銀に行ってみて、こういうところで総裁をすると庶民感覚などわからないだろうなと福井総裁のことを考えてしまう。だが、逆にこういう所の総裁ほどお金に綺麗でいてもらいたいと思う。

 私が勤めていた某私立高校では、理事長印のない鉛筆書きの退職届を無理矢理認めろと事務長が自宅に押しかけたりする不合理がまかり通る学校だった。

 私が大学の理事長推薦でこの学校へ来た時、先生方は皆仲がよくどこにもないぐらい良い学校だったのが、共学普通科・中学校を設置する頃からおかしくなり始めた。
 
 校内のことを熟知している校長と教頭が公務を取り仕切っていた頃は、校内も落ち着いていた。

  理事長は代々損保会社長がなっていたが、商業高校から普通高校になったとたん、管理職同士の勢力争いが始まり、学校が教育の場から儲け主義へと変わり、管理職(7?8人はいた)はボーナスカットなしなのに一般教員はボーナスカットされたり、女性教員をいじめに近いかたちで追い出したりし始めた。およそ商業科のときの社会人として恥ずかしくない人になろうという教育はなくなった。このことは、「夫との再会」のところですでに書いた。

 そして、いつも「へぇ、女のくせに」と女性をさげすんでいる男性教員Mは、あれよあれよというまに出世して、今や校長をねらう地位にあるらしい。

 こういう男は、上に媚へつらうことにだけたけていて、特に相手が企業の経営者となると、今まで自分ではほとんど仕事をしないで部下まかせにしていたのが、取り入ろうとするために、急に善人ずらして仕事をし始める。

 それまでぴったりついていた上司に出世の見込みがないとわかると、すぐに他に変わる変わり身の速さも驚くほどである。自分の出世が何より大事なのだ。

 「歪んだ自己愛上司」のところに書いた。

 性的には、変態で、女性をモノのようにしか思っておらず、女性を踏み台にして出世してるくせに、レイプした被害者のことを加害者のようにふれまわり、自分の出世の邪魔になるものは、あらゆる手段を使って排除しようとする。レイプして加害者意識もなく、女性を支配しようとする。自分の出世のためにするのだ。


 学校もそれに加担していれば、政党・警察・マスコミなどすべての機関を利用してでも不都合な者の口を封じようとするだろう。一学校のことなのに世間を巻き込み口封じをはかろうとするだろう。私になにかあれば、すべてはあの学校とM教諭によるところだろう。何が起こるかわからないので書き記しておく。これは、組織犯罪のように思う。

 あらゆる政党・宗教団体などを使い、女性のプライバシーを加害者に都合のよいように暴きながら、自分の犯罪は隠そうとする。個人情報保護など何もない。すべては、自分の出世のためである。このような女性の敵だけが、女性を馬鹿にしながら居残れる学校となり果てた。

 仕事を辞めて、退職金の額があっているのか、問い合わせたくても、政党に入ったこともなければ、労働問題など自分に降りかかると思ったことなどなかった私にとって、頼るところなどなかった。

 私は祖父母に育てられたが、祖父は大学の常任幹事や高校の理事長をしており、育った家庭は自民党の保守的な家庭で、労働者とは逆の立場であった。

 私は母に職がなかったために、離れて暮らさなくてはならず、いつか経済的に自立して母の二の舞は繰り返さないようにと思い、その頃男女平等だった教員になる志を持った。

 教員になって二年経ってためた貯金で一人暮らしをはじめたが結婚する気もなく、仕事一筋でいこうと思ったが、出会った元夫の「これからの時代、女性も働いたほうがいい」との理解のある言葉にこの人だったら共稼ぎでもやっていけるかもしれないと結婚を決意した経緯がある。

 元夫や夫の両親は私の家庭とは正反対の一番左よりのある政党に所属していて(私自身無党派でずーときた)、この政党は労働問題にこそ頼りになるのではと思ったが、教えてくれたのは夫の勤める会社の社会労務士の電話番号だけだった。この時以来、私はこの政党だけは絶対認めたくない。

 その事務所にかけても受付の女の子が出るだけで、「退職金出るだけいいです。」と言う。

 私学共済に電話しても、「ここでは教えられないから学校に聞いてくれ」と言う。学校に再度電話して「鉛筆書きで理事長印がない書類なので、退職金の額が合っているかどうか計算書や明細書を送って欲しい。」と言うとN事務長が、「私学共済に聞いてくれ」と言う。私学共済から学校に聞くように言われた旨を伝えると、計算書は送られたがあいかわらずの鉛筆書き。

 この頃には疲労もピークに達していた。疲れ果てているところにいきなり認めろと乗り込んできた。理事長印のないような書類がなぜ認められるかと思いながらも、身の危険を感じ、認めざるを得なかった。

 家事・育児・仕事に追われた私の26年の教員生活の幕が下りたのだ。

 それからは、働く娘がいざ私と同じ目にあったときのために、国会へ傍聴へ行ったり(これも頼る議員などないから各政党にメールを送り紹介議員になってもらった)、女性の政治教室に参加したり、シンポジウムや講演会を聞きに行き、NGO活動にも参加してみた。

 日本の市民運動が、政党に利用されたり、非常に難しいこともこの頃になるとわかってきた。

 日本では、女性や性的被害者の人権は認められず、殺人者には弁護士もつき人権も守られるが、被害者はその人権すら認められない。

 今だに「おれがやめるとしたら女のことだな。」と意図的な犯罪をにおわすMやNが教育に携わるところにいると思うとぞーとするが、このような学校だから非情に生き残るのかもしれない。

 企業の経営者が人を見抜く力があればとっくにこのような教員はいないはずだ。

 道を踏みはずしても勝つためには、命令されれば何をやってもいいというようでは、それは既に教育する場ではなくなっている。

 勉強ができても、スポーツが出来ても傷つけても何とも思わないような人間に育てる学校になっているとしたら、眼を覚まして欲しい。

 そして、男はどんなに威張ってみても、女がいなければ生まれないことも書き添えておく。

 これといった政党にも宗教団体にも所属したことのない私だが、自分に恥ずかしくないような生き方をしたいと生きてきたことを誰かはわかってくれていると思う。

  どんな政党でも心ある議員はいるはずだし、どんな団体でも団体の利益のために犠牲にしてなど成り立たないはずだ。


 だまされるのが悪いのではなくだますほうが悪い。

 誰もが一生懸命生きている女性の尊厳を汚すことはできないはずである。

 
 ずるしないでまじめに生きているあなた、女性も男性もいっしょにがんばりましょう!
 


初めての交通違反と日銀で罰金を払って
 仕事に行く友達とランチタイムを過ごし、送って帰る途中のこと、交差点で停車していて右折の赤に青の矢印信号が出て、前の車について出たところで、矢印が消えていることに気づいたが、交差点の中で止まれないので、そのまま進行。無事曲がり終えたところで、いきなり笛を吹いて自転車に乗った警察官に追いかけられ、停止を求められた。

 「赤信号無視」というのだったが、何より驚いたのは、どこにも逃げるおそれのないのに、乗っていた自転車を私の車の前にいきなり倒し、放り出し、乗り捨てた状態で、応対することだった。

 今どきこのような警察官がいるのだろうか。

 環七と第一京浜という交通量の多い交差点の信号すぐのところに停車するということは、交通の妨げになることは誰でもわかる。

 「こんなところに止めていいんですか?」という私に、「ああ、いい!」と答えるものの、後ろを振り返ると、渋滞になりつつある。

 「信号から離れて移動しないと他の車に迷惑になりますよ。事故がおきたらどうなるんですか?」と言うと、やっとまずいと気づいたのか「前に出て」というので言われた所で止めて、質問に答えたり、交通反則告知書を書くのを待っていると、今度は、左から道路に入ろうとする車を妨げていることに気づき、「ここにとめるとあの車がはいれなくて困っていますよ」との私の指摘に、やっとまた気づいたのか、「前へ出して」と再び移動。

 この間、エンジンを切るように言われて停車してから、移動するたびにエンジンを掛けたり切ったり、いい加減そのもたもたぶりにあきれていたのだが、「信号無視は2点なんで、あと1点で講習です」と言う。

 「どういうことですか?」と聞き返すと、「免許とったばかりでしょ?免許とったばかりは3点なんです。」と言われ、内心「免許証のどこ見てるの?」と思いながら、「もう1年たっていますけれど」と言うと、免許証をまじまじ見つめ、「あー勘違いだった。17年にとってるんですね。18年かと思った」

 「あなた本当に警察官?」とのどまで出かかったのをこらえた。もたもた、たよりないこと。この時には立場はすでに逆転したようで「どちらかというと私のほうが職務質問しているようだった。

 あとからかけつけたもう一人の警察官が状況判断できる警察官だったから(でもこれが普通)、この警察官が倒した自転車をすぐに起こし、車道から歩道に移動。邪魔にならないところに止め、すぐに渋滞した車の交通整理をし始めた。

 この人がいてくれたから私は警察不信にまでならなかったものの、取り締まりとはいえ、つかまえることのみにしか頭がまわらず、全体を見まわす能力のない人ほど講習でも受けてから現場に出て欲しいと思った。

 前の車について出て、途中で矢印が消え、赤信号だけになっていたことに気づいたので、「対面が青になっていた」と言われるけど、止まっていた車はどの車も微動だもしなかったから、青だったら動き出しているはずなのにといぶかりながらも、まあそこのところははっきりしなかった。

 冷静になって考えれば、運転教本には、「交差点ですでに右折している車や路面電車は、右折方向の信号が赤でもそのまま進むことができます。この場合、その車や路面電車は、青色の灯火に従って進んでくる車や路面電車の進行を妨げてはいけません。」とあるように、少なくとも右折しているとき、左で停止している車はどの車もうごきだしてはおらず、進行の妨げにもならず、スムーズに曲がり終えた。

 まるで、よっぽどの犯人を検挙するようにされる覚えはないのだが、初めて違反だと言われたときは何が何だかわからず、要領を得ない答えをしてしまった。

 信号に入っていたとき、すでに矢印消えていたのかな?とはっきりせず、思わず「ごめんなさい。」と誤り、それでも何かどうも納得できず、「あなたたち二人でいたからいいようなものの、あなた一人だけだったら交通は混乱してたでしょ。後ろ見てごらんなさい。取り締まるのなら安全な場所に誘導してもらわなければ、渋滞を招いたり他の車の迷惑になるでしょ!」と言わずにはいられなかった。

 私の車が出るときは二人の警察官は、後ろからくる車をすべて止めて
丁重に送り出してくれたが、どうも捕まえてみてあてがはずれ、失礼したという様子であった。

 「あーまだ警察官になったばかりでなれないんだ」と自分に言い聞かせて、帰って交通反則告知書を見てびっくり、交執係 巡査長とあった。

 ネットで調べてみると、巡査長は名誉職とあった。これって何だろう。

 私から見ると巡査長の方が素人で、あとから駆けつけた警察官の方がよっぽど真面目に仕事に取り組んでるベテランのようにみえたのだが。

 反則もだが、それよりもなんだかいい加減な人にあたってしまったことにショックを受けたが、それにしても安全週間とかの取締りのときは、テントが出て、安全な場所に誘導されての指導だが、ここのところポイント取締りと称しての取り締まりはあれっと思う事が多い。

 金曜日に納付書を渡され、土曜・日曜は銀行も郵便局もお休み。月曜日早速反則金を払いに行くことにした。

 納入場所は、日本銀行本支店、全国の銀行、信用金庫の本・支店、郵便局、とある。

 どこにしようかと思ったが、日本銀行とあるんだからと、日銀本店に行ってみることにした。

 納付場所としてまず日本銀行本支店、代理店又は歳入代理店とある。都市銀行や郵便局、信用金庫は歳入代理店にすぎないのだから。

日銀は昔からの古びた建物だとは思っていたが、私は正面に玄関があり、普通の銀行のようにだれもが自由に出入りできる銀行を想像していた。

ところが正面にまわるとここは旧館になっていて、どこにもオープンな入り口がない。立っている警察官に尋ねると、「見学ですか?」と言われ「お金を支払いたいのですがどこへ行けばいいですか?」というと「それは裏(北の入り口)です。ぐるっとまわって!」というので言われた通り行ってみた。

 裏は新館になっているが、どこにも入り口らしきところがない。立っている警察官に「どこからはいるのですか?」と聞くと、「国庫入金ですか?それはここから入って」と言われ、現金輸送車が通る広い入り口の隅の通路を通るとやっと入り口らしきところがあるのだが、どう見ても普通の銀行とは違う。

 その自動ドアの入り口を入ると、飛行機に乗るときの荷物検査のようなのがあって、そこにハンドバックを通して、「26番に行って」と言われ、さらに進んでいく。

 議員会館や国会へでもいくみたいで、何か場違いなところへ来てしまったと思い始めた。

 「こんな所にたった9000円の罰金払いに来る人なんかいるのかな?」と不安になりながらも、天井が高く荘厳なその空間に圧倒され、同じ銀行でも都市銀行とはえらい違いで「銀行で働くならこういうところかな?」、それにしてもどこを見てもテロに備えてか、警察官はいるが、一般客がいないのに驚いた。

 26番窓口に行くと「警察官が納付書に書いた数字が9なのかはっきりしないので、問い合わせて確認しますがいいですか?」と聞かれ、「どうぞ」と答え、行内を眺めながら待っていた。


 裏から現金輸送車が頻繁に入ってきて、きっと見たこともないようなお金が処理されていくのだろうなと、働く人々を見ながら思い、無事国庫金として9000円なりの罰金?を納めた。

 外へ出ると、帰りには、あの警察官に対する不信感も、「初めて日銀にいくことができたのもあの警察官のお陰かな?」と思えるようになっていた。

 友達から、「今警察はノルマを課し、裏金をつくるために必死で検挙している。」と聞き、事の真偽は定かではないが、同時に国庫に直接入金したことで、この罰則金?(今でも多少の疑問は残るが)が、巷で噂されてるような警察の裏金になど使われていたら絶対許せないと思った。

 払った以上、私達は税金や国庫金の使い道を監視すべきだし、税金で雇われている公務員が、国民のために仕事をしているかどうか、見極めなければならない。
 

 

プール事故と民間委託
 まぶたにできた結石?を取ってもらい、あんなに痛くて鎮痛剤で抑えていた痛みが嘘のようにすっかりなくなったのだが、軟膏のべたべたした目薬に何だかうっとおしくて、外へも出ず家の中ですごしていた。テレビを見る気にも、パソコンをする気にもなれず、家事とペットのうさぎの世話に追われた日々であった。

 そんな時、「プールの排水口に女の子が挟まれて死亡した」というニュースが飛び込んできた。埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の市民プールで母親とふたりの兄、同級生と遊びに来ていた7歳の女児が流水プールの側面にある排水口に午後1時50分頃吸い込まれ、吸い込み口から約10メートル中に入った管の結合部分付近に6時間も閉じ込められて、午後8時過ぎ死亡が確認されたという。

 この日の午後1時30分頃、給水口の柵(縦横60センチ、重さ約8キロ)のうち1枚が外れ、水中に落ちているのを遊泳中の男児が見つけ、監視員に渡したのに、監視員は柵のない場合の危険性が分からず、管理棟に無線で連絡。管理棟にいた監視員も分からず事務所にいた社員に電話で連絡した。社員が到着して初めてそれが吸水口の柵だと気づき、社員が監視員に人を近づけないよう指示して修理道具を取りに行った時、吸い込まれたと言う。

 厚生労働省は、01年にネジやボルトによる固定を徹底通知したが、01年後は通知を出しておらず、また設備基準は国土交通省が所管するが、その外郭団体日本公園緑地協会は94年度、事故防止に留意する必要があるとして、旧建設省の監修のもとに「格子ぶたを二重に設置することや固定方法を工夫するなど安全面で配慮する」との見解を示しているにとどまった。

 このプールはボルトでは固定されておらず、ボルトの代わりに針金で固定されているところもあり、3ヶ所の吸水口のうち1枚は四隅のうち、二つの角がボルトでも針金でも固定されていなかった。ボルトについては、7月15日のプール開業時から備え付けられていなかった可能性があるともみられている。

 さらに吸水口の構造をアルバイトの監視員が理解しておらず、柵がないことに気づきながらプールから上がれと言う指示もなく、ポンプのスイッチも切らないなどまったく危険性を認知していないことにも驚くばかりである。

 ふじみ野市とプールの管理運営業務の委託契約を結んでいた「太陽管財」がふじみ野市に無断で別の会社(京明プランニング)と業務の下請け契約を結び、プールの管理を丸投げしていた。両社は6月9日にあったプール管理業務の指名競争入札に参加し、太陽管財が落札、1100万円で契約後、下請け契約を結んだが、事故当日にプールで勤務していたアルバイト監視員13人は、すべて京明社が雇っていた。

 この事故を知り、プールだけではなく、各自治体の保育園や図書館など財政難を理由に民間委託されたところはどうなんだろうかと思わずにはいられない。区や市はおりからの民営化・民間委託の流れに乗り、次々と企業へ市や区の施設をまかせるようになったが、その委託業者がどのように業務にあたっているのかを、把握しているのだろうか?企業に任せれば安心と思っているのではないだろうか?

 契約業者は、できるだけ安くあげるためにさらに契約金額よりも安いところに下請けに出す。その結果がこのような事故になる。区や市の職員が業務にあたるとか、直接アルバイトを雇い、指導していれば、責任者はその場にいるであろうし、社員が来るまで何も出来なかったり、柵がないことが事故に繋がるとの予想がつけられないことはないであろう。

 こどもふたりを11年保育園に預けていたとき(上の子と下の子が5歳離れていたため11年の送り迎えだった)、職員は公務員すなわち区の職員で、直接利潤を上げるとか、儲けるとかとは無関係で、どうすれば保育に欠ける状況にいるこどもたちに良い保育が施せるかということを真剣に話し合っていた。視点は、利害関係を抜きにして眼前の子供を育てることだけにいっていた。こどもたちのためによいということは経営などあまり気にせずになんとかしていこうとしていた。保育時間内に送り迎えが無理な親たちのために、早番・遅番の時間は職員の他にアルバイトが雇われていたが、必ず区の職員である正規の保母がついていた。

 人にかかわる部分を区が企業に委託するとまずコストのことにばかり眼がいくようになる。区の財政は無駄な公共事業を整理することからすべきで、入札のたびごとに何億ものお金が動き、業者との癒着とかが問題になる箱物事業についてはより慎重にすべきであろう。

 今度のことで、今後ふじみ野市はその責任を厳しく問われることになろうし、この事件が投げかけている問題はふじみ野市だけにとどまらず、自治体の民間委託のありかたそのものを問うことになるだろう。

なおすみずみレポートというふじみ野市の議員のレポートからGoogleなどで問題の丸投げしていた太陽管財株式会社を調べたら、さいたま市にあり、

太陽管財株式会社 (代) 048-663-6166 埼玉県さいたま市北区日進町3丁目8

いろんな業種をやっています。

また、Yahooの電話帳より

太陽管財株式会社 川越営業所 049-233-8163 埼玉県川越市大字上戸95-1
埼玉パイプクリーンシステム株式会社 049-233-8163 埼玉県川越市大字上戸95-1
実態は同じ会社だとわかりました。

 この会社は全国管洗浄協会によると
埼玉パイプクリーンシステム? 齋藤将一 331-0823 さいたま市北区日進町3-8 048-668-2900(048-667-5727)

ここでも太陽管財株式会社と同じ住所であることから実態は同じ会社だとわかりました。

いろいろな業種をやっているが、どうも代表者はこの齋藤将一さんのようです。

 また丸投げ先の京明プランニングの社長は草加市入札資格者名簿から
佐藤昇さん 048-654-7979 同じくさいたま市になっていたが、

ここら辺の真実を追究するのは議員の仕事だろう。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。