アクセス解析
熟年離婚した私の体験をつづっています。 そしてその後のいろんなことも....






プロフィール

楠すみれ

Author:楠すみれ
古風な考えの女性だ、と他の人からは言われます。



フリーエリア



最近のコメント



離婚妻 訪問者カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


格差社会
格差のある社会は、今までのほとんどが中流層を、上流と下流に分け、上流はマネーゲームによる世界的大富豪をうみだそうとしているのかもしれない。大富豪といえば、今一部のブログでは、アメリカの9・11テロは、大金持ちのロックフェラーが陰で世界統一政府樹立のために(既に国連に要請済み)起こしたという説がささやかれている。

 そして、それを突き詰めていくと宗教との関係を抜きにすることができなくなる。「ダビンチコード」は、キリスト原理主義など旧来のキリスト教を守るために、キリストの血脈(キリストはマグダラのマリアと結婚し子供がいた)を守るシオン修道会などの異端たされた宗教がねらわれていく様子がえがかれているが、次のような仮説もあるブログの中にはみられる。


 「このシオン修道会も含む秘密組織のフリーメイソンには最近ではウォルトディズニーがいたようですが、あの9・11テロの前に、そのテロを想起させる「パールハーバ」という映画をタイミングよく作され上映されました。

 この本ではシオン修道会は正義の味方のように書かれていますが、逆に言えば911 同時多発テロなどの裏側の組織や首謀者たちを隠すために、このような本や映画が作られた、とも考えられなくもないかな? 

 それともこの本に書かれているように、ブッシュ大統領がアルコール中毒の時、お世話になったというキリスト原理主義など旧来のキリスト教を守るために今も活動しているオプス・デイとからんだ陰謀なのでしょうか?

さらに突っ込んで911の事件を起こした犯人像を『ダ・ヴィンチ・コード』をベースに具体的に考えていくと、旧体制の維持を依頼したオプス・デイの代表であるマヌエル・アリンガローサ司教に対してはアメリカのブッシュ大統領。殺人を犯した実行犯のオプス・デイの修道僧シラスに対してはアメリカのディックチェイニー副大統領。

では黒幕の張本人である大金持ちの宗教史学者ティービングに対しては、.....

 「祭壇にリーズン(金銭と強欲の信念)を神としてかかげる」と堂々と公言している
フリーメーソンの上部団体であるイルミナティの最高指導者であり、
911テロで破壊されたWTC、そのものを建築した大金持ちのロックフェラー。
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/iluminaty.htm

(フリーメーソンの下部組織としてロータリークラブとかライオンズクラブがあるが、フリーメーソンの上部組織のメンバーと言えど、本当の目的を知らされているのはホンの一握りで、あのクリントン元大統領でさへ大統領になったとき名誉階級の最高位をもらったが真の目的は知らされていなかった。ましてや下部組織のフリーメーソンのメンバーらは真の目的を知る由もなく、単に金持ち連中の社交クラブであり慈善団体ぐらいの意識しかない)」


 大富豪の一個人が、国家を越えて世界を支配し統一しようとするために、アメリカ国家を弱体化させる目的で、テロが仕組まれたという仮説であるが、既に国連への働きかけはされているらしい。どこまでが事実かとも思われるが、まあアメリカには、9・11事件の再調査(ReOpen911とはそういう意味)を政府に求めて、550万ドル(約6億6千万円)をこの運動に投じたアメリカ大富豪ジミー・ウォルターさんという人もいるというから何とも日本とは、桁はずれかのスケールといえるだろう。

 今までの日本は、生活や教育もそれほど貧富の差もなく、ある意味で国民の中流意識に支えられながら、暮らしていられたが、これからはどうなるのだろう。堀江もんも村上さんも逮捕され、「まあ、地に足のつかないような金持ちは、日本では無理かな?真面目にやっている者が報われるのかな?」などあれこれ考えてしまうけど、9.11以降アメリカでも自由にものが言えなくなり、市民運動家は去っていると聞くと、その波は日本にも押し寄せているのではと思わずにはいられない。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rikonzuma.blog66.fc2.com/tb.php/13-5f3a303f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。