アクセス解析
熟年離婚した私の体験をつづっています。 そしてその後のいろんなことも....






プロフィール

楠すみれ

Author:楠すみれ
古風な考えの女性だ、と他の人からは言われます。



フリーエリア



最近のコメント



離婚妻 訪問者カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の離婚給付付公正証書
 夜中「おかあさんー」と言って部屋に入ってきた娘を見て驚いた。眼が腫れ上がり、まるでお岩さんのようになっている。虫刺されなのか何なのか、寝るまではなんともなかったのに。朝まで冷やし、医者に連れて行き、アレルギーか蕁麻疹といわれ、薬を飲んで翌日には腫れはひいたものの、仕事にでてまた腫れ上がる。わき腹もずーと痛かったというのでかかりつけの診療所で紹介状を書いてもらい病院で眼科と内科で検査をしてもらった。血液・尿・腹部エコー(超音波)の結果、内臓はどこも異常はなく、コンタクトによる腫れであることがわかった。

 ほっと一安心、だけど離婚以来、仕事のストレスだけでなく心配かけちゃって、いくらか給料から家計に入れてと言ったのが負担になったのではと、娘にもすまないなーと言う気持ちになる。

 それやこれやで、離婚するときの公正証書について書いて下書き保存をしておきながら、そのままになってしまっていた。やっと今落ち着いてパソコンに向かう。
 

私の離婚給付付等契約公正証書

平成18年第   号

 本職は、平成18年 月 日、当時者の嘱託により、次の法律行為に関する陳述の趣旨を録取し、この証書を作成する。

 当事者・夫の氏名(以下「甲」という。)及び当事者・楠 すみれ(以下「乙」という。)は、前同日、以下に記載するとおりの内容の離婚給付契約を締結した。

第1条(離婚)
甲と乙とは、夫婦であったが、平成18年 月 日協議離婚したことを確認する。

第2条(養育費)
1 甲は乙に対し、甲と乙間の長男 息子の氏名(昭和 年 月 日生、以下「丙」という。)の養育費として、平成18年 月から丙が現在就学中の大学を卒業する日の属する月まで、1か月金 万円を毎月末日限り、乙の指定する金融機関の丙名義の預貯金口座に振込送金して支払う。なお、上記養育費については、物価の変動その他事情の変更に応じて甲乙協議のうえ増減できるものとする。

2 甲は乙に対し、前項記載の期間中、丙の病気又は事故により乙が特別の費用を支出し、乙から請求があったときは、その金員を速やかに乙に支払うことを約した。

第3条(土地の分割)
甲及び乙は、下記土地について、協議の上、別添図面のとおり同じ地積の2筆に分割し、各分割地を甲乙の単独所有にすること、甲又は乙が上記分割地を売却するときは、事前にその旨を他方の者に通知すること、上記分割までの間は、下記土地に係る税金及び維持管理費を甲乙各2分の1の割合により負担することを約した。(以下略)

第4条(財産分与)
甲及び乙は、本件協議離婚に伴う財産分与として、甲が乙に対し、下記土地及び区分所有建物を給付し、所有権移転登記手続済みであることを相互に確認する。(以下略)

第5条(精算条項)
甲及び乙は、本件協議離婚に関し、本公正証書において定めるほか、財産分与・慰謝料その他名目のいかんを問わず何らの債権を有せず、債務を負担していないことを相互に確認する。

第6条(強制執行認諾)
甲は、本公正証書の記載の金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服する旨陳述した。

            以上


本旨外用件

住所     夫の住所
職業     会社員
当事者(甲) 夫の氏名
       昭和 年 月 日生
 甲は、印鑑登録証明書の提出により、その人違いでないことを証明させた。

住所     妻の住所
職業     無職
当事者(乙) 楠 すみれ
       昭和 年 月 日生
     
乙は、印鑑登録証明書の提出により、その人違いでないことを証明させた。


 この証書は、平成18年 月 日、本職役場において、法律の規定に従い作成し、列席者に閲覧させたところ、各自これを承認し、本職とともに署名押印する。

当事者(甲)   夫の署名・押印
当事者(乙)   楠 すみれ・押印

公証役場の住所
(   )法務局所属
公証人        公証人氏名            印


 この正本(夫は謄本)は、嘱託人 楠 すみれの請求により、平成18年 月 日、本職役場において原本に基づき作成した。
公証役場の住所
(   )法務局
公証人        公証人氏名            印


これが、私の離婚給付付公正証書である。


その料金は、

計算書

目的の価額     算定不能
手数料       11000円 原本1行為
          250円 超過枚数
          1250円 正本 5枚1通
          1250円 謄本5枚1通       
                       計13750円

 それを夫と折半し、ひとりあたり6875円だった。養育費が支払われないで裁判になったときのために、妻が正本を所有し、夫が謄本を所有する。

  20年間公証役場に保管されるので養育費など支払われない相談することもあるので、証書番号・公証人氏名を必ず記録しておくこと。

  料金は、証書で取り決める財産額により(以下の基本手数料参照)
決定する。私の場合は、基本手数料の500万円以下に該当する。子供の養育費(卒業までの約170万円)と土地の財産分与に対するものである。今住んでるマンションの移転登記はこのときすでに済ませているので目的価額は算定不能となり、すべてひっくるめて200万円以上500万円以下で計算された。

養育費が最後まで払われてどれぐらいになるか財産分与がどれぐらいになるかにより、額が決まるといってよい。


以下、公正証書についてかかれたものである。
  

「離婚協議書は、相手方が約束を守らない時に初めて役に立つものです。自動車保険や火災保険と同じです。何もなければ必要ないのですが、だからといって何かあったときにやっぱり保険に入っておけばよかったと後で悔やんでも遅いです。
養育費の支払がある場合や慰謝料財産分与の支払が分割払いになる場合は必ず公正証書離婚協議書を作成しておきましょう。
公証人手数料
公証人手数料は政府が定めた「公証人手数料令」という政令により定められています。
なお、手数料には、消費税はかかりません。契約や法律行為に係る証書作成の手数料は、原則として、その目的価額により定められています(手数料令9条)。

【基本手数料】

(目的の価額) (手数料)
100万円以下              5000円
200万円以下              7000円
500万円以下             11000円
1000万円以下            17000円
3000万円以下            23000円
5000万円以下            29000円
1億円以下               43000円                    
以下超過額    5000万円までごとに3億円まで13000円
         10億円まで11000円
         10億円を超えるもの8000円加算

【その他手数料】
金銭消費貸借契約、土地の賃貸借契約、土地の売買契約等には、公正証書に印紙税法による印紙の貼付が必要となります。
正本・謄本料として1ページ250円(契約内容によりますが、正本・謄本合計で3000円程度)が必要です。


 公正証書は裁判の判決と同じく強制執行をかけることができる債務名義となりますが、判決と大きく違うところは「金銭債務についてのみ強制執行できる!」ということです。」
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rikonzuma.blog66.fc2.com/tb.php/17-2e0e357d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。