アクセス解析
熟年離婚した私の体験をつづっています。 そしてその後のいろんなことも....






プロフィール

楠すみれ

Author:楠すみれ
古風な考えの女性だ、と他の人からは言われます。



フリーエリア



最近のコメント



離婚妻 訪問者カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ起きる?性犯罪
なぜ、女性を性的欲望を果たす「もの」のようにしかみられなく、女性の権利が守られないような事件が起こるのか。

 被害者の痛みがわかるような人間に育てるような教育に学校も家庭も、社会全体がなっていないことがなにより悲しいことだ。

 人を押しのけてまでも、勉強が出来たりスポーツが出来たりしても、人の心の痛みもわからず、傷つけても殺しても自分の感情のはけ口になるさえすればいいというのが、恐ろしい。

 そのような価値観の人が出世し、世の中がそのような価値観で回り始めたら、世の中どうなるのだろう。人を押しのければ何をしても出世さえ出来ればいい人しか生き残れない世の中になるとしたら。

 あのコンクリート詰め事件を思い出す。
 
 88年11月下旬、不良少年らによってわいせつ目的で帰宅途中に誘拐された女子高校生は、両親も兄も同居する犯人のうちの一人の少年宅2階の自室で、約40日間にわたって監禁した上、数名での強姦。
 
 殴る蹴るの暴行、ライターのオイルをかけ点火するなど、激しく執拗な暴力と陵辱を重ね、この少女が隙を見て警察に通報したのが気づかれて、電話を切られ殴打。警察が逆探知、かけ直してきた電話誤魔化され、全員でリンチしライターのオイルを足首にかけ火をつける。
 
 度重なる暴行により、頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになっていた。

 脱出の気力さえ失わせ、ついに死に至らしめ、死体をコンクリートに詰め遺棄した事件。

 監禁を知っていたのは100人にものぼり、レイプに加わったのは10人にもなるのに、別件で逮捕されるまでこのことは知られなかった。

 一審の東京地裁の判決文では、事件をこう表現している。

 「女子高生に対する一連の事件は、犯行の態様が、被害者を長時間非行集団のたまり場に、ペットのように囲い込み、集団の性的いじめに始まり、想像をはるかに超える暴行を繰り返したことにより、同女が醜く変わり果てるや、次第に「もの」のように扱い、食事も満足に与えないで放置しながらいじめを度重ね、身勝手にも、疎ましい存在として被害者への憤怒をつのらせた挙げ句、ついに同女をなぶり殺しにした。」

 被害者の母親は、一人娘が死に至った詳しい経過を聞かされた後、精神科に通院治療を受けることになった。

 少年たちは、本件の女子高生に対する犯行のほか、2女性についての婦女暴行や、後輩へのリンチ、総額約220万円にのぼる店舗荒らしやひったくりでも起訴。主犯格以外は出所。

 あの綾瀬のコンクリート殺人事件の準リーダー格だったAは、強姦、殺人、死体遺棄のほかに余罪として障害、強盗の罪状も加わったが10年たらずで出所、だが、あの事件から15年後に、再び監禁及び障害容疑で逮捕された。

 両事件とも女性に対する身勝手な行為がそもそもの出発点でその延長線上にある独占欲、嫉妬心。そのような満たされぬ感情の犠牲にこの高校生はなったのだ。

 あれほど残忍な事件で少年法がなければ死刑もまぬがれなかったはずなのに、反省がなにも生かされていないことにも驚くばかりである。

 この女子高校生は、助けを求めながらも誰にも助けてもらえず、集団でのレイプやいじめられながら、息絶えるまでどんな気持ちでいたのだろう。

 少年は誇らしげに語り、かわるがわるやってくる少年少女にレイプやいたずらをされ、100人もの人が監禁を知りながら、集団でいじめに加担し、誰も助けない。

 みんなで一人の少女が苦しむのをゲームのように楽しむ、これが集団の恐ろしさである。そして死ぬまで見届けないと気がすまない。

 みんな自分の身を守ることに追われ、加担するようになる。
 
 程度こそ違え、このような性的被害にあう女性はかなりいて、そしてこのような被害にあった女性が心身ともに傷が癒え、このことを語ってもフラッシュバックに苦しめられることなく人生を送れるようになるのには、長い年月と周囲の理解が必要だし、語ることは、相手が組織ぐるみ、集団であればあるほど、語ることにより、我が身や家族に何か及ぶのではないかと不安になるものである。

 集団でのリストラなどで追い詰められることは「モラハラ」や「歪んだ自己愛上司」のところに書いた。

 「男の方が偉い、だから何をやっても許される」「女のくせに」との意識が男性の心のどこかにあるなら、まずはそれから変えないとこの種の事件は後をたたぬことだろう。
  
 私自身いまだに傷はいえないが、フラッシュバックに悩みながらも、やっと徐々にではあるが、回復しつつある。
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rikonzuma.blog66.fc2.com/tb.php/32-e39c2132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。