アクセス解析
熟年離婚した私の体験をつづっています。 そしてその後のいろんなことも....






プロフィール

楠すみれ

Author:楠すみれ
古風な考えの女性だ、と他の人からは言われます。



フリーエリア



最近のコメント



離婚妻 訪問者カウンター



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ショック!財産分与に都民税?
 久しぶりです。息子の夏休みに付き合って、ブログもしばらくお休みしていました。

 それに、9月になって、学校が始まる頃になると、私のフラッシュバックもひどくなり、なかなか外に出られず、家にこもりっきりの日々が続くのです。

 それぐらい集団で追い出した方は、いなくなってすっきりし、された者の痛みもわからずせいせいしてるのでしょうが、された側はいつまでも心の傷として残るのです。

 それでも、離婚した私に追い討ちをかけるようなことがおきました。それは、ある日突然、都税事務所より「不動産所得税のお知らせ」という通知が来たのです。

 離婚した夫と共有名義だった現在住んでいるマンションを離婚にあたり、夫の持分である17%を財産分与してもらい、登記し直し、名義をかきかえ、登記手数料の6万いくらか払い、それも財産分与にするのか贈与になるのか、問い合わせて相談をしに、教えてもらった税務署までいきました。

 そのときの財産分与にしても贈与にしても婚姻期間20年以上の夫婦の間で居住用不動産などの贈与があった場合には、一定の要件にあてはまれば、「配偶者控除」がうけられ、ほとんど税金はかからないし、かかったとしても、ご主人の方にかかるといわれていたので、家屋¥20100、土地¥35300の計¥55400の請求が何が何だかわからず、驚くばかりでした。

 都税事務所に電話して、「配偶者控除の特例でほとんど税金はかからないと言われたのですが」と聞いてみると、「それは国税で、都税は配偶者控除の特例はないのです。」と言われたのです。

 財産分与にかかる税金なんて、そんな都税と国税があるなんて?どうなっているのか驚くばかりです。

 税金は仕事をやめてからは、申告していたので、多少かかったとしても申告後かな?と思っていたので、いきなり都税を10月初旬に送られてくる納税通知書により払うなんて。

 これから離婚を考えている皆さん、思いもよらぬところでお金がかかると思っていたほうがいいですよ。私はまだ、このショックから立ち直れずにいます。

 この次は何の請求が来るのかと思うと恐ろしく不安にもなります。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/09/04 00:48】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/28 14:34】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/20 06:17】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/18 06:53】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/28 15:42】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/01/25 15:55】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/03 21:46】 | #[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/07/30 19:05】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rikonzuma.blog66.fc2.com/tb.php/33-3f3de1fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。